読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の合言葉はバランス

世の中は概ね割り切れない

プロレスに台本があるかどうかなんてのはどうでもいいとして

こちら↓の件について
「プロレスはやらせじゃないですよね?」の質問に小島聡選手が渾身の回答 - さまざまなめりっと


概ね最近は、プロレスラーやプロレスファンの回答が小島さんも挙げてる「そんな事考えながら観て、面白い?」「ただ単に勝敗を競っている訳じゃない」に落ち着いてきた印象がありますが、それでも「プロレスってなんぞや?」というのを聞かれることも多いので、個人的な見解をまとめておくことにしようそうしよう。


Q.プロレスってやらせなの?
A.まあまあ、そんなこと考えなくていいじゃないですか。というか、ある物事が面白いかどうか判断するのに「やらせかやらせでないか」をまず何より大事にするということであれば、プロレス観戦は向いていません。リアルな喧嘩の強さ的なものが見たいなら総合格闘技やボクシングなどの方が嗜好に合うでしょうし、逆にまず台本ありきのショーが見たいなら演劇や映画をオススメします。やらせ云々を気にせずシンプルに「面白いもの」「凄いもの」を見たいなら、プロレスはとてもいいものです。


Q.プロレスは真剣勝負なの?
A.真剣勝負ですが、対戦相手だけではなく観客、実況、レフェリー、メディア等と周りの全てと真剣勝負をしていると言えます。対戦相手との喧嘩の強さ的な意味での真剣勝負を見せてお金をもらっているのが総合格闘技やボクシングなら、対戦相手以外も含めての真剣勝負を見せてお金をもらっているのがプロレスです。


Q.ということはプロレスはスポーツではなくてショーなの?
A.スポーツの定義をwikipediaに則ればスポーツでありショーでもあると思いますが、「スポーツ」や「ショー」やあるいは「エンタメ」をどれぐらいの広さ狭さで捉えるかは人それぞれなので、なんとも言えません。優れた「興行」であることは間違いないと思いますが。


Q.喧嘩の強さでないなら、プロレスラーは何を競ってるの?
A.例えるなら「アイドルグループのセンター争い」的なものです。センターの条件として、ビジュアルが優れている/歌が上手い/ダンスが上手い/喋りが上手いなどの条件が挙げることができますが、実際のセンター選びにはそうした要素の足し算だけでなく、言葉では表現しづらい「存在感」「この人こそセンターにふさわしい」というのが一番影響していると思います。プロレスラーが試合の中で見せるのも、打撃や投げや関節技のような喧嘩の強さ的なものがメインになることが多いですが、最終的には「どちらが勝者にふさわしいか」を競っているだけであり、喧嘩の強さ的なものは歌やダンスのような一要素にすぎません。


Q.どうして相手の技をかわさずに受けるの?
A.「相手の技を受ける」というのは、アイドルにとってのビジュアルのように基礎的な評価に繋がるものです。たまに「相手の技を受けずにすかす」ことを得意とするレスラーがいますが、あれはアイドルがギャグをやるようなものでどちらかといえば王道ではなく、またよほどの熟練者でなければ場を冷やすだけです。ギャグよりも「可愛くて歌やダンスが上手い」の方が一般的に評価されるので、アイドルはギャグばかりやりません。同様に、プロレスラーも相手の技をかわさずに受けます。ロープに飛んだらちゃんと相手のところに猛ダッシュで戻ってくるアレも似たようなものです(実際にはあのロープってけっこうな反動で、避けたり止まったりするのも難しいみたいですが


Q.なんで相手の技をかわさない方が評価されるの?
A.相手の攻撃を受けきったうえでそれ以上の力を発揮して勝つ、ってメチャクチャかっこいいじゃないですか。


若干詭弁っぽいのがアレだけどまあそれはいい。けど、どうも最後のところにこれ!という回答の持ち合わせがないな自分には。相手の技をお互いが受けきった上で「それ以上(観客の想像以上という意味を含めて)」を出した方が勝つっていうのはプロレスの一番の醍醐味だと思うんだけど、要は人が傷めつけ合ってるのを見たいの?と言われると微妙だ。WWEなんかだとそこまで痛めつけ合う感じないけど、あれが最高峰のプロレスだ!ってのはちょっと違和感あるのよね。育ちが四天王プロレスだからなのかなー。


あと「別に一番かわいいわけでも歌やダンスが上手いわけでもないけどセンターは春香さんじゃないですか」って例えも浮かんだけど、なんか伝わる気がしないうえに敵を作りそうなのでやめておこう。書いちゃったけど。最初は自分の好きなキャラから入って、他のキャラの魅力にも夢中になってきて、気づいたら団体やグループ全体を好きになってるってのはプロレスとアイマスの共通点ですね。最近のお気に入りは真美とイサミと那珂ちゃんです。


週刊プロレス増刊 DDT両国2連戦完全詳報号 2013年 9/9号 [雑誌]

週刊プロレス増刊 DDT両国2連戦完全詳報号 2013年 9/9号 [雑誌]