読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の合言葉はバランス

世の中は概ね割り切れない

"イサミ"が気になってる

音楽取り込みの合間、キャンペーンに応募するためにblog書く。
毎日blog更新したいのではてなは毎日キャンペーンやってくれればいいのに。

 

というわけではてなblog新春キャンペーンに滑りこみで申し込むために「2013年にやりたいこと」をお題に書かなきゃなわけですが、今年はこれまで以上にスポーツ生観戦に力を入れようと思ってます。特にプロレス。中でもDDT。その中でも"イサミ"。イサミは正確にはユニオン所属だからちょっと違うけど。

 

DDTはわりと前から気になっていて、もともと「なんか蛇がどうとかいうギミックやってる」「男色ディーノとかいう学プロ出身のガチホモレスラーがいるらしい」あたりを知ってただけだったんですが、5年前の正月にサムライで見たマッスルで「おいおいこいつらすげー面白いことやってるじゃん」というところから興味を持ち、そこから飯伏だったりHARASHIMAだったりが戦ってるところ、あるいは大社長がサスケとやったハチャメチャなプロレス、さらにはヨシヒコ、あとはキャンプ場プロレスあたりを見てハマった次第です。マッスルから入ったDDTファンって多いのかな。むしろ邪道かなやっぱり。

 

でもって、昨年夏の武道館大会を初めて観に行って、年末の後楽園を観に行って、"イサミ"にハマったのです。

 

木高イサミ - Wikipedia

木高イサミ (isami_777) on Twitter

 

なんかこのあとイサミのどこが好きになったか長文書いたんですけど、圧倒的に中身が無いのでカットして1つだけ。

何試合も見たわけじゃないんでアレですが、蹴り技のキレの良さがすごく好きで、というか蹴り技使いは総じて好きでKENTA、TAJIRI、望月あたりもやはり好きなんですが、蹴り技使いには「こいつもしかしたら蹴り一発で相手倒しちゃうんじゃねーの」みたいな雰囲気があることが重要だと思ってます。技としての良さとかキックの強さじゃなく、なんというか雰囲気なんですよね。醸し出される。イサミ選手が後楽園で出してた雰囲気、すごい好きだったんです。それだけ。

 

でもってイサミの次に好きな選手がケニー・オメガでして、次の大会はたしかオメガと石井慧介がやるんだよなー、イサミが勝ってくれてたらなー、と思って後楽園の対戦カードチェックしたら「ケニー・オメガ(王者)vs木高イサミ(挑戦者)」って書かれててファッ!?ってなって気づいたらチケット勝ってたわけですな。

 

明後日の後楽園楽しみすぎる。イサミに勝って欲しいけど、オメガは正直きっついなーと。とはいえ、キツい相手とやる方が映えるタイプなんじゃないかイサミ、というのに期待している今日このごろです。やー、楽しみ。

 

これ見てないけどイサミが葛西純とすげー試合やったみたいですねー